ビオメディって肌に合わない事があるの!?成分を徹底的に調べてみた

ビオメディって肌に合わない事があるの!?成分を徹底的に調べてみた

 

ビオメディと言えば

 

  • 無添加で肌に優しく
  • エイジングケアにも良いとされ
  • 1本で4役、2.5ヶ月分とコスパも良い

 

などから、圧倒的な人気を誇るオールインワンスキンケア商品です。

 

 

そんなビオメディですが、購入を考えた時こそ

 

  • 「無添加なのは分かるけど、本当に肌に優しい成分が配合されてるのかな??」
  • 「オールインワン(1本で4役)としての効果が期待できる成分は本当に配合されてる??」

 

と気になったりもします。

 

実際に私も購入する際に心配ながらに購入した経験があったので、この記事では徹底的にビオメディ成分について調べて行きたいと思います。

 

 

ビオメディの成分は安全なの??副作用はある?

 

成分一覧/水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、BG、ペンチレングリコール、スクワラン、α-グルカンオリゴサッカリド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トウモロコシエキス、フラーレン、ヨーグルト液(牛乳)、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸PG、加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、アカヤジオウ根エキス、ブクリョウタケエキス、モモ果実エキス、ボタンエキス、カンゾウ根エキス、ハトムギ種子エキス、ダイズ種子エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、PVP、水酸化K、キサンタンガム、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

※ビオメディ公式HPより引用

 

 

私の場合は、ビオメディ購入後に1週間ほど経過した頃から「肌の乾燥が気になり始めて」副作用があるか調べた記憶があります。

 

ですが、よくよく考えるとスキンケア商品に副作用なんてある訳がないんですよね泣

 

むしろビオメディは、副作用どころか

 

  • 敏感肌
  • アトピー

 

の方のために、無添加で肌に優しく作られていました。

 

アトピーや敏感肌でも使用して大丈夫??

 

ビオメディは

 

  • パラベン
  • アルコール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤、
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • サルフェート

 

肌に優しい商品を作る為、肌に刺激を与える可能性がある8種類の成分が無添加となっています。

 

その為、ビオメディ公式HPでも以下のように敏感肌の方でも問題なく使用頂けます記載されています。

 

敏感肌でも使えますか?

はい、敏感肌の方でもご使用いただけます。
ビオメディは敏感肌の方でもお使いいただけるように、刺激成分を極力排除して製造しております。 肌に負担になるものや不要なものは入れないという考え方で、8 つのフリー処方を採用しているため、パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、 合成香料、合成着色料、シリコン、サルフェートは配合しておりません。肌が弱いと感じている方でもお気軽にお試しください。

引用元:URL/https://www.biomedi-shop.com/q-a

 

私自身も極度の敏感肌できたが、もう半年以上愛用させて頂き全く肌荒れなどは起きた事ありませんし「使用前より肌が強くなった気がします。」

 

そして、アトピーの方にも、ビオメディに含まれている成分がアトピーにも効果があると言われてるんです!
↓アトピーの方に効果がある理由については、こちらの記事で詳しく触れています。

 

それでも肌に合わない事があるのは事実

 

ここまで散々「ビオメディは肌に優しく作られている」と言ってきましたが「ビオメディが肌に合わなかった」という方が居るのも事実です。

 

公式HPでも以下の事が実際に記載されていました。

 

肌に合わない等はありますか?

敏感肌の方でもご使用いただけるようい低刺激処方で作っておりますが、多方面に効果が高い成分としてビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(製品の抗酸化成分))を高配合※2しております。極まれにビタミンCがお肌に合わない体質の方がいらっしゃいますので、過去に美白化粧品などが肌に合わなかった、ビタミンC系でトラブルがあったという場合は、パッチテスト(腕などに塗って一定時間放置し、赤みが出ないか確認する)を行ってからご使用いただくことをお勧めしております。また、万一肌に異変が生じた場合はすぐにご使用をおやめください。

引用元:URL/https://www.biomedi-shop.com/q-a>

 

実際にビオメディを使用した方の中にも「肌に合わなかった」という方も居ました。

 

こればかりは、自身で購入後にパッチテストを行って「肌に合うのか確認しないと何とも言えない」というのが事実でした。

 

私が行ったパッチテストのやり方/1.ビオメディを1プッシュガーゼもしくは絆創膏に少量付けて、二の腕に貼る2.24時間後、外して、かゆみ・赤みなどが出ないか確認する3.かゆみやあかみが出てなければ合格です!安心してビオメディを使用出来ます。

 

ただ、ビオメディはオールインワン(1本4役)なので

 

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム

 

4つをすべて8成分無添加で使用しているの同等なので様々なスキンケア商品を使用するよりがは「肌に合わない事が極めて低い」という事ですね

 

 

 

 

1つ1つの成分を徹底的に調べてみた

 

実際にビオメディは、1本4役(化粧水、乳液、美容液、クリーム)の効果が期待できるのか??

 

成分表に記載がある41種類の成分を1つ1つ調べてみました。

 

成分一覧/水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、BGペンチレングリコールスクワランα-グルカンオリゴサッカリドテトラヘキシルデカン酸アスコルビルトウモロコシエキスフラーレンヨーグルト液(牛乳)水溶性コラーゲン加水分解コラーゲン加水分解ヒアルロン酸加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリルヒアルロン酸PG加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキスアカヤジオウ根エキスブクリョウタケエキスモモ果実エキスボタンエキスカンゾウ根エキスハトムギ種子エキスダイズ種子エキスグリコシルトレハロース加水分解水添デンプン、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルレシチンPVP水酸化Kキサンタンガム、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

※ビオメディ公式HPより引用

  • 保湿効果が期待できる成分
  • エモリエント効果が期待できる成分
  • エイジングケアに効果が期待できる成分
  • 抗炎症効果が期待できる成分
  •  

     

    肌の保湿効果を高める

     

    ビオメディに含まれている数多くの保湿成分の中でも「(LG100)α-グルカンオリゴサッカリド」については、

     

    肌の常在菌のバランスを整えてくれる効果があると言われている為、自身の肌の保湿力を高めてくれる効果や紫外線などの刺激から肌を守る為のバリア機能を高めてくれる効果があるとされています。

     

    様々な保湿成分が含まれている事で「肌の潤いを保つ」だけでなく「自身の肌の保湿力と肌のバリア機能をアップしてくれる」という事ですね

     

    エモリエント効果(肌を柔らかくする効果)

     

    「ブクリョウタケエキス」などのエモリエント効果が期待できる成分が含まれている事で肌の水分の蒸散を防ぎ「肌を柔軟にしたり」「ツヤを出したり」する効果が期待できます。

     

    エイジングケア(年齢を重ねる事で起きる肌トラブル対策)

     

    「フラーレン」「ヨーグルト液(牛乳)」などのエイジングケア成分が含まれている事で、抗酸化作用や代謝促進など「肌にハリをだす」「シワ対策になる」などのエイジングケアにも期待できます。

     

     

    肌荒れを防ぐ(抗炎症効果)

     

    「ボタンエキス」などの抗炎症効果が期待される成分が含まれている事で、肌荒れを防いだり、肌を清潔に保つ効果が期待できますね

     

     

    ビオメディを購入するメリットとデメリットとは

     

    デメリットとしては

    実際にパッチテストをしてみないと肌に合うか合わなかがわからない
    肌の保湿力を高める効果は即効性に期待できないので長期利用が必要

     

    メリットとしては

    化粧水、乳液、美容液、クリームを別々で購入するよりも成分の確認などの手間がない
    1本4役も為、朝の忙しい時間などのスキンケア時間が短縮できる
    1本4役で、2.5ヶ月分で約300円ほどなのでコスパが良い

     

     

     

     

    関連記事
    ↓ビオメディの口コミが知りたい方はこちらで詳しく触れています。
    <噂>ビオメディのクチコミって使用した期間で変わるってホント!?

    トップへ戻る