【重要】ビオメディの人気の理由に衝撃を受けた件そりゃ効果でるよね

ビオメディの人気の理由に衝撃を受けた件,そりゃ効果でるよね!?

ビオメディは1本で

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム

の4役の効果があり、乾燥肌や敏感肌などの肌の方でも使用出来るととても人気なオールインワン化粧品です。

 

 

そんなビオメディですが、オールインワンスキンケアの中では珍しくミルククリームタイプです。

 

元々、ジェルやゲル、ローションタイプを使ってた私は

  • 「ミルクタイプって?保湿力なさそうじゃない??」

って最初は思ってました。

 

ですが、ビオメディ効果が期待できる理由を知った際に、衝撃を受け「そりゃ効果でるよね!?」と思い購入を決意しました。

 

効果が期待できる理由を出来るだけわかりやすく記載して行きますので最後まで読んで頂ければ幸いです!

 

ビオメディはジェルやゲル、ローションタイプよりも良いかも!と思った理由

 

ビオメディは乾燥肌、敏感肌、肌の衰えを感じてるなどの悩みがある方やスキンケアの時間短縮をしたい方にはオススメとされています。

 

そんなビオメディの成分の中で最も注目してほしいのが、LG100(α-グルカンオリゴカッサリド)です。

 

成分:水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、BG、ペンチレングリコール、スクワラン、α-グルカンオリゴサッカリド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トウモロコシエキス、フラーレン、ヨーグルト液(牛乳)、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸PG、加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、アカヤジオウ根エキス、ブクリョウタケエキス、モモ果実エキス、ボタンエキス、カンゾウ根エキス、ハトムギ種子エキス、ダイズ種子エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、PVP、水酸化K、キサンタンガム、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

 

LG100とはオリゴ糖と乳酸菌からできた成分で、人の肌に重要な皮膚常在菌のバランスを整えるとされています。

 

常在菌のバランスが崩れていると

  • 肌の痒み
  • 肌の感想がひどくなる
  • 肌が刺激に弱くなる
  • 皮膚が赤くなってしまう
  • 肌がごわついてしまう

その他肌荒れが起きてしまいます。

ですが、ビオメディを使用する事で、常在菌バランスを整える事によって

  • 肌荒れがの治癒が早くなり
  • 敏感肌の方が今まで使用出来なかった、安価な市販のコスメが使用出来るようになったり
  • 乾燥がしなくなったり、肌荒れが減る

などの効果が期待できます。

 

ビオメディは常在菌バランスを整える事によって自身の肌の力を引き出してくれるスキンケアという事ですね。

 

ジェルやゲル、ローションタイプですと肌をコーティングするので、一時的に保湿力は高くなりますが、同時に肌自らの保湿力は残念ながら弱らせてしまってます。

 

ですがビオメディの場合、確かにジェルやゲル、ローションタイプより保湿力は弱いかもしれません、ただ肌自らの保湿力を高めます。

 

結果、自身の肌自らの保湿力で乾燥しなくれるという事です。

 

ビオメディ効果まとめ
今肌が弱っている方でも使用できるように無添加で作られており、使用して行けば結果自身の肌の力を整えてくれるオールインワンコスメという事ですね(パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、 合成香料、合成着色料、シリコン、サルフェートは配合しておりません。)

 

関連記事一覧
ビオメディのクチコミや最安価が気になるという方は
<噂>ビオメディのクチコミって使用した期間で変わるってホント!?の記事で触れています。
ビオメディのファンデーションも実は気になっているという方は
ビオメディのファンデーションが肌色に合わない?口コミを調べた結果の記事で触れています。

トップへ戻る